忍者ブログ
ソラノシラベ
2017/12/13[Wed]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2014/10/04[Sat]



まだ、あざやかでいさせて



 



またも1年振りに新しいアルバムが出ます。またすごいものを作れました。
どうか歩きながらでも、喫茶店で人を待ちながらでも、部屋に引きこもりながらでも、待ち合わせの暇つぶしにでも、電車の中ででも、どんなところでも、聴いてみてもらえたらそれに勝る喜びはないです。
個人的にはイヤホンかヘッドホンで、音量をぐっと上げてなんとなく歌詞を読みながら聴いていただけたら、もう。より深くRewindというCDの空気に浸れると思います。



毎度恒例ながら、収録曲とか試聴とかは特設にお任せする感じで、ここには内面的なことをいろいろと書こうと思います。ブログだしね。いいよね。



正直作る気なかったんです。アルバム。

少年ヴィヴィッドもういいでしょって思ってました。
っていうのはなんだろう、すごく作る側のエゴで申し訳ないんだけど、今まで4枚CDを作ってきて、特にLittle Stories、Dearの二作はいろんな新しいことに挑戦してて。
結構ギター二本、ベースとドラムと歌、みたいなバンド編成にはまらずシンセとかピアノを使いだしながら、より曲のクオリティというか、もっといいものを、っていう気持ちで作ってたんですが、よくある、なんか昔の方がよかったなーみたいなアレもあり、ああなんか周りの人もCD出す度好きじゃなくなっていくのかなーとか思いながら。
Dear出し終わったくらいからその気持ちが顕著になっていって、あーなんか必要とされて無さそうだしもういいかなって思い始めて、例大祭でもう終わりにしようと思ってた。ほかにもかっこいいサークルあるじゃん!って。

っていうかなんかこう、今年入ってから音楽すごく嫌いだった。もうホントやりたくなかった。つまらなかった。

そんな気持ちになりつつ曲書いたりギター弾いたりと細々音楽やってたんですが、大きな心境の変化が起こったのが5月にあまくさ君が誘ってくれたライブで。
そのライブ前に平茸さん岸本、深澤さんと森野くんってメンバーでスタジオ入ったりして、すごく手ごたえが良くって。あれ、楽しいじゃん。すごい楽しいじゃんっていう気持ちになって。

そんな中ぽんと、弾き語りくらいの状態で、全然曲としてまとまってなかったんだけど、浮いて出て来てた後のStand by Meっていう曲を平茸さんに託してみて。

そしたらものすごくかっこよくなって。

ああまだやれそうだ。曲作りたいわ。CD作りたいわ。平茸さんと一緒に作ってみたいなって気持ちになって、声をかけたら了承をもらえて。
じゃあCD作るならやっぱりデザインはのあねこさんじゃなきゃダメだ。っていう感じで、二人ともお忙しい中がんばってくれて、こんなすごいCDが作れたわけです。
なんかいろんなことが重なってCDを作ることができました。ありがとうございます。



まずは共同制作してくれた平茸さんとのあねこさんに感謝です。本当にありがとうございます。

平茸さんは少年ヴィヴィッドのライブでもギターを手伝っていただいてるんですが、もともと僕は平茸さんの曲にものすごい憧れがあって。そんな人と一緒にCDを作れるなんて思ってませんでした。ものすごい感動です。このCDに入ってる曲は全部メロは僕の作ったものだけど、いろんなところに平茸さんの要素が詰められてて、なんかもう、幸せだなあと思うわけです。

ジャケットとデザインはLittle Stories、Dearに引き続きのあねこさんです。この人はすごいんだ。もうホントに間違いない感じのものが返ってくる。僕はだいぶ感覚の人間なので、イメージを言葉で伝えるのすごく苦手で、ものすごい迷惑をかけてるんですが、イメージに合ったイラストとデザインを毎回毎回作ってくれます。そろそろ少年ヴィヴィッドのCD=のあねこみたいなイメージある。ありがとう。

また、今回はヴォーカルの録音にKPP Studioの七誌さんにお世話になりました。一人で歌録るのってホントに大変で、音量とかマイクのセッティングとか、何も気にせずストレスフリーに歌えるっていうのはホントありがたいことです。今回歌が以前より、ちょっとでも良く聴こえたら、それはKPP Studioのおかげです。ありがとうございました。



他にも製作にかかわらないところでもいろんな人のサポートを受けています。
書き出したらキリがないんだけど、ずっと最初から聴いてくれてる友人の何気ない一言だったり、ライブに一緒に出たほかのサークルの演奏をみて感じることだったり、お酒飲みながら喋った些細なことだったり、あとはtwitterで目にする感想なんかにもすごく、ほんとにすごく助けられてます。ありがとう。

そんないろいろを上手いこと昇華して、ものすごく良い物を作ることができたなと思います。
願わくば、一人でも多くの人の手に届いて、一人でも多くの人に聴いていただければなと思います。これに勝る幸せはありません。

紅楼夢が楽しみだ。









PR

<<おさけがのみたいHOMEするする>>