忍者ブログ
ソラノシラベ
2017/10/21[Sat]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2016/03/16[Wed]

仕事があまりにも待機が多く、暇な時間を持て余した昼過ぎですね。ですね?
そんな中ふと最近思い出して熱いバンドがいるので、それを話題にブログを書こうと思い立った。



もう解散してしまったけれど、BEAT CRUSADERSというバンドが好きだった。
僕がギターを始めた中学生のころ、ちょうどメジャーデビューするかしないか、くらいのタイミングだった。
友達とよく聴いてコピーしました。懐かしいなあ。僕の中ではハムバッカーの歪み、と言えばこの人達。

このバンド、なんとも当時のギター始めたて、メジャーとポップに生きてきたイチ少年たちにはホントに衝撃的なバンドで
まずお面で顔が分からんっていうのがワケわからんし、曲はかっこいいけどなんだこいつら・・・という感じの印象に始まり
そんなこんなしてたらBECK(アニメ)の音楽監修なんかやりだすし何者なんだと思い
インタビューを読めばやたら下ネタ混ざりで当時の多感な我々は大いに困惑し
そしてライブを見るとMCで下ネタ喋るどころにとどまらず、客に大声でコールさせまくる、ただただなんだこいつら!こんなの許されるのか・・・って感じの衝撃だった。
下ネタばかりに影響を受けたわけじゃないんですけどね。

BECKの映像化にBEAT CRUSADERSが関わってたというのが非常に印象深いんですが、あの漫画は当時のリアルな音楽の世界を知らない僕らにとってはものすごい憧れというか、こうなれるのかなーこうやってバンドやりたいなーみたいな気持ちになる漫画でした。
それがアニメ化する際、バンド漫画なので作中にやっぱり色々なバンドや楽曲が出てくるわけですが、それをすべて監修してたのがギターボーカルのヒダカトオルで、周囲のインディーズのバンドなどを引き連れて監修してます。
そのサントラにはHUSKING BEEだとか10-FEETとか、TROPICAL GORILLA、CAPTAIN HEDGE HOGのしのっぴ等々、今見るとおおーって感じのバンドが参加していて、インディーズとかそういう世界のバンドをあんまり知らない僕に、BECKを生々しいバンドっぽく見せてくれたというか、新しいところを切り開いてくれました。ここからメロコアとか諸々はまっていくことになるんですが、それはまた追々。

というわけでいろんな音楽のきっかけをくれたバンドでした。
そんなバンドを久しぶりに聴くとなんだか懐かしくて、すごくいいなあーと思うわけです。
分類的にはメロコアバンドになるんでしょうか。がつっとしたメロコア感のある曲も好きなのですが、何よりこのバンドの4つ打ちの曲が僕はほんとに好きで。







ハムバッカー、フリーダムなステージング、4つ打ち、下ネタなどなど、今挙げた魅力(?)が多分この曲で全部味わえますんで、興味があったら聴いてみてくださいな。


PR

<<無題HOME無題>>